ブログネタ
健康なくらし に参加中!
2009/2/2 朝日新聞        社説  もんじゅ


 福井県敦賀市にある高速増殖原型炉「もんじゅ」が運転を再開できないでいる。95年12月のナトリウム漏れの後、13年余も止まったままだ。
 高速増殖炉は消費した以上の燃料を生み出す「夢の原子炉」と言われ、使用済み燃料を再処理して使う核燃サイクルの基幹施設だ。その性能確認施設として85年に着工したのがもんじゅだ。
 だが、これまで巨額の費用が投資されているにも関わらず、成果がいま一つはっきりしない。もんじゅの周辺で新たな活断層が見つかり、耐震性の不安もある
 そして何より気になるのは、原子力機構の安全意識や品質管理体制である。ナトリウム漏れ事故の発生当事、虚偽報告や情報隠しが厳しく批判された。ところが、昨年にも、ナトリウム漏れ検出器が誤報警報を出した際、自治体などに迅速に通報しなかった。信頼というものに対する危機感が足りなさ過ぎだ。
 運転延期で疑問は募るばかりだ。開発を再考する時期なのかもしれない。