今日の朝日新聞社説-要約-

朝日新聞社説の要約です。忙しいあなたなら3分で読める今日の社説。受験生のあなたには要約のススメ。

不祥事

農水省不祥事

ブログネタ
農業 に参加中!
2009/6/28 朝日新聞    社説  農水省不祥事


 農林水産省の不祥事が、またも明るみに出た。
 地方の農政事務所や農政局の専門家らが農家、農協を訪ね、米麦の在庫や価格を調べる業務がある。3年分を点検したところ、計34人が調査にも行かずにウソの報告を繰り返していた。虚偽分はごく一部に過ぎず全体には影響ないというが、コメ政策に対する信頼を大きく損なったのは間違いない。
 農水省は今回の不正発覚を受け、7種類あった調査を3つにまとめて回数も減らすという。それこそ、必要性の薄い調査が漫然と続けられてきたことの証左だろう。
 旧来の方法を惰性で続け、チェックが働かない。問題への対応が後手に回って傷を深める。本省の混乱で地方との距離も広がる。この役所の「組織疲労」はきわめて重症だ。労使関係も含めて問題点を洗い出し、職員の意識改革を徹底すべきだ。
 食の安全、農業の将来像など、農水省に課せられた課題は多い。国民の目線に立った「政策官庁」として出直すべきである。

防衛省不祥事

ブログネタ
どうしようもない政治 に参加中!
2009/2/21 朝日新聞   社説  防衛省不祥事


 不祥事が起きれば、原因を解明し、関係者を処分するなどして責任を明らかにする。そんな当たり前のことが防衛省では行われていない。
 昨年9月、広島県・江田島の海上自衛隊第1術科学校で、15人を相手に連続組み手をやっていた隊員が、訓練途中に倒れて、死亡する事故があった。
 海上自衛隊は直ちに調査と捜査を始め、中間報告書は提出したものの、最終報告はまだだ。事故の当事者は全員が自衛隊員で、事情徴収も容易なはずだ。防衛省は「前例の無い事故なので、いろんな角度から調べている」と説明するが、とても納得できない。
 山田洋行など軍需専門商社による防衛装備品の過大請求も同じだ。過大請求が見つかった後も、いまだ刑事告発していない。
 不祥事が起きれば報告書と改革案で取り繕い、あとは人々の記憶から消えるのを待つ。そんな疑念を抱かれても仕方あるまい。「組織防衛」省と揶揄されぬよう、けじめはきちんと付けるべきである。


Recent Comments
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ