今日の朝日新聞社説-要約-

朝日新聞社説の要約です。忙しいあなたなら3分で読める今日の社説。受験生のあなたには要約のススメ。

宇宙

探査機出発

ブログネタ
よもやま に参加中!
2010/5/23 朝日新聞   社説  探査機出発
   

 日本初の金星探査機「あかつき」が金星に向けて旅立った。
 金星は、地球とほぼ同じ大きさ、重さで双子の惑星といわれる。しかし、表面温度は460度。双子の運命を分けたものは何か。金星を知ることは、地球をよりよく知ることにもつながる。
 あかつきの使命は、金星を覆う硫酸の雲や風の動きなど、金星大気を立体的に明らかにすることである。とりわけ大事なのが、スーパーローテーションと呼ばれる秒速100メートルもの暴風を詳しく調べることだ。目下、金星最大の謎とされる風だ。
 金星へは1960〜80年代、米ソが次々に探査機を飛ばした。だが89年の米国探査機を最後に、探査の重点は火星に移り、忘れられた惑星になっていた。
 あかつき計画は01年にスタート。その後、地球温暖化への関心の高まりで、注目の探査計画になった。あかつきには、金星の大気を調べる探査機として大いに科学的な成果を上げ、世界にも貢献してもらいたい。

「きぼう」完成

ブログネタ
先端研究 に参加中!
2009/8/2 朝日新聞    社説  「きぼう」完成


 国際宇宙ステーション(ISS)における日本の実験棟「きぼう」がようやく完成した。実験棟のなかでは最新鋭、最大規模である。
 日本のこれまでの負担は、日本の実験棟「きぼう」の建設費と毎年の運用費を合わせれば、1兆円にのぼる。巨費を投じる以上、この施設を最大限に生かさなければならない。
 だが、大きな問題がある。現在の米国の計画では、ISSの運用は2015年までで、その後は月面や火星の探査に重点を移す。来年には、ISSへの「足」になっている、老朽化したスペースシャトルを引退させる。残る「足」はロシアのソユーズ宇宙船と、日本が9月に打ち上げる無人補給機HTVになる。
 これを含む宇宙開発について、オバマ政権は見直しを進めており、近く結論がまとまる見通しだ。米国をはじめ、ロシアや欧州との協議が欠かせない。
 「きぼう」の完成を節目に、大変な財政状況のなかで日本の宇宙開発の目標をどう定めるか、大きな国会戦略の中で考えたい。

日本の宇宙開発

ブログネタ
国防 に参加中!
2009/5/25 朝日新聞    社説  日本の宇宙開発


 軍事にばかり目が向いていると、日本の宇宙開発は先細りしかねない。政府の宇宙開発戦略本部が初めてまとめた宇宙基本計画案を見ると、改めてこんな懸念を抱く。
 計画案は、アジアの防災に貢献する陸や海の観測、気象観測等5つの利用分野と、宇宙科学や有人活動等4つの科研究開発分野を掲げ、今後10年を視野において5年間で進める計画を掲げている。安全保障はその利用分野の1つだ。
 計画案は、宇宙技術は使い方次第で民生にも軍事目的にも使える「デュアルユース」の考えを持ち出し、安全保障への利用を広げようとしている。それならば、企業間の競争がある民生部門でこそ技術を磨くべきだ。
 防衛関連の技術は割高になり、その秘密主義は技術の発達を妨げる。安全保障の名のもとに採算を度外視した計画が増えれば、民生部門にしわ寄せが及ぶ恐れもあろう。
 国際的に大きくとらえる視点をも持ちつつ、日本の飛躍につながる基本計画であってほしい。



Recent Comments
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ