ブログネタ
通勤・通学時間に何してる? に参加中!
2009/4/16 朝日新聞    社説  痴漢無罪判決


 一昨日の最高裁判判決は、電車内での痴漢の疑いにより一審、二審で有罪判決を受けた防衛医大教授の男性に、逆転無罪を言い渡した。
 男性は起訴当初から無罪を主張していた。物証や目撃証人はなく、女生徒の供述が信頼できるかが争点になった。
 最高裁小法廷の5裁判官の意見は二つに分かれた。多数意見の3人は、女生徒の供述には疑いが残るとした。根拠として、積極的に被害を避けなかったことなどを指摘した。刑事裁判の原則を踏まえ、最高裁は痴漢事件の特質から、いっそう慎重な姿勢を示したといえる。
 被害者の供述しかない裁判では、判定がいかに難しいかを改めて思い知らされる。警察には、初めの捜査の段階で、物証や目撃者の確保にこれまで以上に努めてほしい。
 しかし、それでも痴漢事件の捜査には、人違いによる冤罪の危険が付きまとう。痴漢の被害を未然に防ぎつつ、冤罪によって人生を狂わせてしまうことのないよう、2重に悲劇を防ぎたい。

スポンサードリンク