ブログネタ
転職する?それとも続ける? に参加中!
2009/3/20 朝日新聞    社説  09年春闘


 世界的な同時不況が、今年の春闘を方向づけた。
 ベースアップを正面に掲げた連合の作戦は、経済環境から考えて無理だったようだ。確かにベア要求には、資源インフラに対して実質賃金を回復するという大義名分があった。だが、ベアにこだわって雇用問題に全力投球できなかったのは残念だ。
 とはいえ、雇用を守るための模索も始められている。連合と日本経団連は1月に雇用の安定・創出に向けた共同宣言を出し、舛添更生労働相に対して政労使で協議を始めるよう提言した。
 失業の急増を防ぐため、仕事と賃金をどうやって分かち合うかという当面の対策が、まずは3者協議のテーマになる。これで雇用不安を抑えると同時に、雇用のあり方を全体として組み替えていく出発点にしてもらいたい。
 日本的な雇用関係は、この20年間で大きく変わってきた。これに合わせた働き方・人の使い方についても、今後の政労使の協議の中で、じっくりと議論してほしい。

スポンサードリンク