ブログネタ
時代のアゴラ に参加中!
2009/3/2 朝日新聞     社説  武器使用基準


 ソマリア沖で横行する海賊から日本商船を守るための、自衛隊派遣の法案作りが最終段階を迎えている。その焦点は海賊を取り締まる際の武器使用の基準のあり方だ。
 現行法では正当防衛と緊急避難に限って認められているが、これでは海賊船が警告射撃や威嚇射撃を無視した時に対応しきれない恐れがある。
 そこで、不審船などが停戦に応じずに逃走した場合、海上保安庁の規定を援用し、公海上でも船体射撃を認める方向になっている。海賊行為の阻止に必要な措置だとしても、過剰な武器使用にならぬよう、明確な基準と歯止めが必要だろう。
 法案作りに関連して見過ごせない動きが出ている。自衛隊を海外に派遣する際の武器使用基準を広げたいという声が上がっていることだ。しかしこの問題は、憲法の下で日本の果たすべき役割、自衛隊の能力、国際社会の要請などを踏まえ、冷静に議論すべきことだ。「海賊」に便乗して他でも認めようというのは筋違いである。


スポンサードリンク