今日の朝日新聞社説-要約-

朝日新聞社説の要約です。忙しいあなたなら3分で読める今日の社説。受験生のあなたには要約のススメ。

2014年02月

立憲主義とは -- 首相の不思議な憲法観

2014 2/6(木)  立憲主義とは -- 首相の不思議な憲法観

 先日の衆院予算委員会で、安倍首相から立憲主義を否定するような発言が聞こえてきた。

 「考え方の一つとして、(憲法は)いわば国家権力を縛るものだという考え方がある。しかし、それは王権が絶対権力を持っていた時代の主流的な考え方であって、いま憲法というのは日本という国の形、理想と未来を、そして目標を語るものではないかと思う。」

 また、首相は立憲主義を体現する96条を「改憲すべきだ」と改めて述べた。自民党の案は、国会議員による改憲案の発議要件を、3分の2以上から過半数の賛成に緩めるものだ。最後は国民投票で決めるから問題ないというが、そうだろうか。

 改正内容の審議は、国民を代表する議員の役割だ。憲法はそこで3分の2以上の賛同を得られるまで議論を尽くすよう求めている。それを過半数に下げるのは、まさに時の権力者が思い通りにできるというに等しい。立憲主義は過去の遺物だと言ってみても受け入れられはしない。


*チェクポイント
・立憲主義を否定するかのような首相の発言
・96条を改正する意向
・著者の意見
 ・過半数にさげるのは時の権力者の自由裁量にまかせることになりかねない
  (これは立憲主義に反する)
 ・首相の考え方を、受け入れることはできない

新幹線談合 -- 腐敗根絶へ制度強化を

2014 2/6(木)  新幹線談合 -- 腐敗根絶へ制度強化を

 来春の開業をめざす北陸新幹線の工事の入札で談合が発覚した。ひときわ深刻なのは、いわゆる「官製談合」の疑いもあることだ。発注側の「鉄道・運輸機構」の担当者は、業者に入札の情報を伝えていた。

 入札の不調で工事が遅れ、来春の開業に間に合わないと問題になる。その重圧があったと、と機構の幹部は語っている。だが、工期を優先して談合に目をつぶったとすれば言語道断だ。公取委と地検は官側の責任にも厳格に切り込むべきだ。

 せめてもの救いは、一部の関係者の自発的な申告が解明の手がかりになっていることだ。違法行為を自ら申し出た企業は課徴金や刑事告発を免れる。この減免制度は2006年の独占禁止法改正で導入され、その4年後に拡充された。日本の企業風土においてその効力が疑問視されていたが、着実に成果は出ているといえる。

 談合は、隠せないし、割にも合わない。そう実感させる制度へ向けて、ルールの強化を続けていくべきだ。


*チェックポイント
・北陸新幹線の工事の入札で談合発覚。特に「官製談合」の疑い有り。
・談合の背景:それに対するコメント
・減免制度が効果を発揮
・まとめ


相撲協会 -- 「公益」の重み自覚せよ

2014 2/3(月)  相撲協会 -- 「公益」の重み自覚せよ

 日本相撲協会が、政府の新制度のもとでも「公益法人」と認められた。

 ここ数年不祥事が相次ぎ、体質が厳しく問われた中での認定である。認定がなければ、国技を担う団体の存続がゆらぐ。担当する内閣府の職員は、認定の際、「これから不祥事が起きたとき、きちんと対応できるかが大切」と協会に注文した。今後もトラブルが起こることを前提にした口ぶりに、認定がいかに苦渋の判断だったかがうかがえる。

 公益法人制度は約110年前にできた民法に基づく。所管官庁がそれぞれ公益性を判断し、許可する仕組みだったため、天下りなど癒着を生んだ。

 08年に始まった新制度では、民間人からなる第三者機関が公益性を判断する。新公益法人にとって、その認定の過程は自らを見つめ直す好機だったはずだ。だが残念なことに、いまだに抜本的な改革ができたとの評価は少ない。相撲協会には、高いモラルと真の公益性を備えた団体に生まれ変わってもらいたい。


*チェックポイント
・日本相撲協会が新制度のもとでも「公益法人」と認定された。
・認定が苦渋の決断だった点
・公益法人制度の変遷
・まとめ:真の公益性を備えた団体に生まれ変われ

国立追悼施設 -- 首相が決断さえすれば

2014 2/3(月)  国立追悼施設 -- 首相が決断さえすれば

 日本と近隣諸国との間で、不信の連鎖が止まらない。

 具体的な行動を起こし、トゲを一本ずつ抜いていく必要がある。その第一歩として、首相に提案したい。靖国参拝はやめ、戦争で亡くなった軍人も民間人も等しく悼むための無宗教の施設を新設すると宣言してはどうか。

 首相は、新たな施設には「亡くなった方のご家族はお参りしないだろう」と否定的だ。だが、遺族も一様ではない。「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手をあわせられない遺族。他の宗教を信じる遺族。その存在を知りながら、「英霊に尊崇の念を表すのは当然」と一色に塗りつぶす首相の姿勢は乱暴すぎないか。

 そこは、いろいろな思いをもつ遺族や、外国人の要人らに訪れてもらうための場だ。首相は新施設には「様々な意見があり、慎重に見極めたい」と語る。ならば「わだかまりなく追悼できる施設を」という声も真剣に検討してほしい。


*チェックポイント
・日本と近隣諸国との間の不信の連鎖
・現状打破の具体的な行動として、新施設の設置を提案
・首相の姿勢、及びそれに対する意見
・まとめ:首相に施設建設を迫る



Recent Comments
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ