今日の朝日新聞社説-要約-

朝日新聞社説の要約です。忙しいあなたなら3分で読める今日の社説。受験生のあなたには要約のススメ。

2010年05月

探査機出発

ブログネタ
よもやま に参加中!
2010/5/23 朝日新聞   社説  探査機出発
   

 日本初の金星探査機「あかつき」が金星に向けて旅立った。
 金星は、地球とほぼ同じ大きさ、重さで双子の惑星といわれる。しかし、表面温度は460度。双子の運命を分けたものは何か。金星を知ることは、地球をよりよく知ることにもつながる。
 あかつきの使命は、金星を覆う硫酸の雲や風の動きなど、金星大気を立体的に明らかにすることである。とりわけ大事なのが、スーパーローテーションと呼ばれる秒速100メートルもの暴風を詳しく調べることだ。目下、金星最大の謎とされる風だ。
 金星へは1960〜80年代、米ソが次々に探査機を飛ばした。だが89年の米国探査機を最後に、探査の重点は火星に移り、忘れられた惑星になっていた。
 あかつき計画は01年にスタート。その後、地球温暖化への関心の高まりで、注目の探査計画になった。あかつきには、金星の大気を調べる探査機として大いに科学的な成果を上げ、世界にも貢献してもらいたい。

「有名人」擁立

ブログネタ
政治家の意識改革 に参加中!
2010/5/23 朝日新聞   社説  「有名人」擁立


 参院選の立候補予定者として、民主党が五輪メダリスト3氏を擁すれば、自民党も元プロ野球選手や俳優で対抗する。政党の不人気を「有名人」人気で覆い隠そうという企みが透けて見える。
 職業にかかわらず政治への道が開けているのは当然だ。だがこれが歴史的な政権交代を経た新しい政治の姿なのだろうか。
 今、最も必要とされるのは、射程の長い成長戦略を構想し、日本の停滞について終止符を打つことのできる人材だ。候補者を選ぶ基準と過程を透明にし、信頼回復を図って政党の足腰を鍛え直すしかあるまい。
 また、参院の選挙制度も見直す時ではないか。政党名か候補名のいずれかを書く非拘束名簿式が2001年から比例区に導入されたが、これが個人ではなく政党を選ぶという比例区本来の性格をゆがめ、知名度頼みに拍車をかけている。
 有権者は「有名人」候補に熱狂するより、むしろ冷やかな視線を投げかけている。政党の的外れ。その罪は重い。

空き家活用

ブログネタ
時代のアゴラ に参加中!
2010/5/9 朝日新聞    社説  空き家活用


 全国で空き家が増えている。地域の活性化や福祉のためにもっと活用する道があるのではないか。
 政府や自治体は空き家を宿泊施設や文化活動の場として再利用する場合の費用を補助している。地域の実情に応じて工夫を凝らしているケースもある。
 人口減に歯止めをかけたい山間の里、岡山県西粟倉村。消費地に売り込むアイデアやセンスを村が期待するのは、都市などからの移住者だ。村は、家を残して都市部に住む人々に連絡を取り改修費を350万円まで村が負担するとの条件で貸し出しを呼びかけた。家賃は月2万円。2年余で22世帯38人が移住した。
 宮崎県では、介護問題の解決に空き家を使う試みが進んでいる。空き家だった30坪ほどの民家をNPOが借り、家具や食器はできるだけそのままで、家庭的で穏やかな生活の場を提供している。
 このように、政府と自治体、NPOや企業などが知恵をより合わせることで、多様な再生の形が見えてくるはずだ。

北朝鮮問題

ブログネタ
中国・韓国・北朝鮮外交問題 に参加中!
2010/5/9 朝日新聞    社説  北朝鮮問題


 北朝鮮をめぐる状況がますます流動化の様相を見せている。
 焦点の一つが韓国軍の哨戒艦沈没事件だ。北朝鮮が関与したとの疑惑が韓国内で強まるなか、調査団が原因を探っている。北朝鮮内では、経済の危機的な状態にデノミネーションが拍車をかけた。食糧不足も深刻だ。
 そうした中、金総書記が中国を訪れた。中国は今なお北朝鮮にとっては唯一の頼れる友好国だ。今回は4年ぶりの訪中だった。ところが、当時とは環境も大きく変わっている。
 その間、北朝鮮は2回の核実験を強行し、ミサイル発射実験も続けた。北朝鮮は核開発を正当化しているが、全くの筋違いであることは言うまでもない。
 国際社会は、非核化と地域の安定のために知恵を絞って粘り強く当たっていく必要があるが、各国は北朝鮮の変化をつかみかねている。だからこそ、中国はとりわけ重い役割を担わねばならない。自らの責任を自覚し、北朝鮮への説得を強めてもらいたい。


Recent Comments
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ