ブログネタ
行政 に参加中!
社説  農水省


 農林水産省の仕事ぶりにあきれてしまうような報告書が出た。農薬などで汚染された事故米が食用に不正転売された問題で、原因と責任を議論してきた政府の有識者会議がまとめた検証結果だ。
 確かに一番悪いのは不正を働いた業者だろう。だが、農水省のずさんな対応が問題を広げたことは間違いない。農水省の縦割りの意識や出先機関との連絡の悪さ、そして消費者軽視の責任は重い。
 石破農水相は、自らを含む関係職員の処分をする方針だという。だが、処分だけで終わっては困る。これは農水省が国民の安全を守る組織として出直す出発点に過ぎないのだ。
 かつて牛海綿状脳症(BSE)の対応振りを批判され、農水省は消費・安全局を作るといった組織の見直しをした。だが、今回その組織は生かされず、あの時の反省や経験はどこへ行ってしまったのか。
 これは日本が産業にばかり目を向けすぎた結果である。今後は消費者にいっそう目を向けていく必要がある。


スポンサードリンク