2014 3/24(月)  大阪市長選 -- 「信任」からはほど遠い


 議会の抵抗で行き詰まった大阪都構想を前に進めようと、大阪市長だった橋下徹氏が出直し市長選挙を仕掛け、再選を果たした。

 だが、主要政党は「市長に独り相撲を取らせる」などとして候補者を立てず、論戦は停滞し、投票率は歴史的な低さとなった。

 選挙で勝ったものこそ民意 — 橋下氏の以前からの持論である。だが、今回の選挙で浮き彫りになったのは、そうした考え方や手法の限界である。

 橋下氏に反対しながら対立候補も立てなかった野党の姿勢にも、市民の厳しい芽が向けられていることを忘れてはならない。急速な高齢化が進む巨大都市で、将来の財政破綻をどう回避し、発展していくのか。野党側も説得力あるビジョンを示して議論を挑む責任がある。

 必要なのは正面衝突でなく、幅広い合意形成である。改革を進めるには、結局は市民の理解と納得が欠かせない。日程は白紙に戻し、市長も野党も時間をかけてわかりやすい論戦を繰り広げてほしい。



*チェックポイント
・大阪市長の再選
・結果:論戦は停滞、投票率の低さ
 → 選挙で勝ったものこと民意:この考え方や手法の限界が見えた
・対立候補をたてなかった野党にも責任有り
・合意形成にむけて、議論していくことが求められている

スポンサードリンク