2014 3/13(木)  賃上げと景気 -- 好循環への経営改革を

 政府が賃上げを要請する異例の展開となった今春闘は、きのう主要企業が回答を示した。賃金体系を底上げするベースアップの実施やボーナスの高額回答が相次いだ。

 賃金上昇が消費を活性化し、デフレから脱却していく道筋がどの程度確かになるかは、後に続く中小企業や非正規労働者への波及次第だ。そのハードルは低くない。

 国内景気は株高による資産効果や財政出動に依存してきた面が強い。また、支出が増えても製品や部品の輸入拡大に結びつき、国内の中小企業には及びにくい構造になっている。

 それでも賃上げ要求の裾野は近年になく広がっている。時給の改善を単なる需給要因で終わらせず、雇用の安定と生活を支えるに足る賃金水準の確保という働き手の切実な要望に経営者も耳を傾けてほしい。

 企業は賃上げと成長を両立させる経営の展望を、投資家に示すという宿題を負う。経営者には、好循環に向けた意識改革が求められている。



*チェックポイント
・主要企業による春闘への回答:ベアの実施やボーナスの高額回答
・デフレ脱却への道は、中小企業や非正規労働者への波及次第
 → そのハードルは低くない:理由を2つ
・賃上げの裾野は広がっている。経営者には働き手の要望に耳を傾けてもらいたい。
・まとめ


スポンサードリンク