2014 3/10(月)  震災と教育 -- 学ぶ志に希望を見る

 東日本大震災から3年経つ今もなお、被災地の子どもたちを取り巻く環境は厳しい。その一方で、希望の芽も探すことができる。

 岩手・宮城・福島の3県の大学進学率には落ち込みが見られない一方、高校卒業後に就職も進学もしない生徒は減った。また、「再生可能エネルギーを学びたい」というような明確な志望動機を持つ大学受験生が増えているようだ。

 東北の危機を「わがこと」ととらえ、自分にできることを考える。福島県立福島高校の生徒有志は、課外の活動で福島復興プランを考えている。例えば、原発事故で宿泊客が激減した地元の温泉街の再建に向け、温泉の熱を使った南国の果実の試験栽培が始まった。福島大学が経済協力開発機構(OECD)と進めるプロジェクト「OECD東北スクール」もその一例だ。

 自分が今居る場所から、このさきの社会を考える。東北で出た芽が全国に広がるなら、未来は捨てたものではない。


*チェックポイント
・被災地の子供を取り巻く環境は依然として厳しい
・一方で、希望の芽を見ることもできる
 → ・子供達は将来を見越して自分の進路を決定、具体的な将来設計
・自分にできることを取り組んでいる
 → ・温泉街の再建、OECD東北スクール
・出た芽を見れば、未来を明るく見通せる

スポンサードリンク