2014 2/13(木)  ビットコイン -- 「お金の未来」に備えを

 新種の仮想通貨が広がっている。「ビットコイン」と呼ばれるネット上の「お金」だ。従来の仮想通貨は、銀行や会社が各国の法に従って発行してきた。一方、ビットコインも電子データだが、特定の発行者はいない。暗号技術を駆使して発行量を制限する仕組みが、「お金」としての信用状態を作り出している。

 09年に開発され、昨年春に起きたキプロスの金融危機の際にロシアマネーの逃避先となって脚光を浴びて以降、投機に拍車がかかった。

 一方、問題も顕在化した。中国政府などが投機性を理由に禁止や規制に動き、相場は動揺している。売買の集中で取引所が止まるなどシステムの未熟さも露呈した。

 国境のないネット上の潮流には、各国の強調が必要だ。まず匿名性への歯止めなど、犯罪防止は最優先だろう。既存の金融制度や税制とも整合する規制や監視を工夫したい。銀行や証券会社との公平さも保ちつつ、国際対応の検討を急ぐべきだ。



*チェックポイント
・新種の仮想通貨「ビットコイン」について
 (従来の仮想通貨と比較しつつ説明する)
・通貨流通の経緯、問題点の指摘
・まとめ:国際的な強調が必要

スポンサードリンク