2014 2/13(木)  診療報酬改定 -- 主治医を選ぶためには

 医療の公定価格である診療報酬の改定内容が決まった。目玉の一つが、「主治医」の普及を促す新料金だ。診療や検査などの報酬をひとまとめにして、生活習慣病や認知症の患者疑佑△燭蠏遑泳5千円が医師側に支払われる。

 今回、消費増税への対応として初診や再診の料金を一律に引き上げたのは疑問だが、患者の生活全体に目配りする主治医に厚く配分する方向性は正しい。

 参考になるのが、大阪市浪速区の医師会が4年前から取り組むネットワークづくりだ。かかりつけ医が患者の病気や薬、アレルギー歴などを記入した「ブルーカード」と呼ばれる書類を作成し、緊急時に対応を依頼する地域の病院に送るとともに、地区の医師会がデータベース化している。

 誰を自分の主治医にするか、選ぶのは患者だ。いざという時に地域の医療と介護のネットワークが頼れるよう、日頃から医師と信頼関係を結んでおく。そんな心構えが求められる。



*チェックポイント
・診療報酬の改定内容が決定
・「主治医」の普及を促す新料金:賛成
 (一律の料金引き上げは疑問)
・参考例:大阪市浪速区の医師会
・日頃から、医師と信頼関係を結んでおくことが求められる

スポンサードリンク