2013 11/ 25(月)  『日欧経済連携 — TPPと両にらみで』

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)について、双方の首脳が協議を加速させることで合意した。

 経済連携では、米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)に関心が集まるが、5億人の市場と日本の3倍の域内総生産を持つEUとの関係強化も欠かせない。EUは2年前に韓国との間で自由貿易協定(FTA)を発行させ、自動車などの関税をおおむね2016年までに撤廃する。韓国と比べて日本のメーカーが不利になる状況を放置してはいられない。

 EUが最近合意したカナダとのFTAでは、関税をゼロとする割合(自由化率)が全品目では100%近く、「高い水準」の自由化をめざす姿勢が鮮明である。

 米国とEUは環大西洋貿易投資の交渉を進めている。両者だけで事実上の世界のルールが決まる事態を避けるためにも、米欧の双方としっかり向き合う必要がある。政府はTPPとの両にらみで、粘り強く交渉してほしい。


*チェックポイント

・日欧EPAにおける協議加速の合意(社説のきっかけ)

・EUとの協議に注目する理由
 → 1:EUの市場規模
   2:韓国とのFTAの締結に遅れをとらぬように

・EUとの交渉の現状(上の3段落目に相当。ここはかなり自由度があるので、文字数とまとめやすさの兼ね合いで決めると良い。「高い水準」を目指しているという点が書きやすかったので入れた。)

・米欧の双方に向き合うこと — TPPとの両にらみ

余談:略語(EU,EPA,…)の使用について
 → 初めて使う時は日本語表記の後、略語を括弧で記すと書きやすい。2回
   目の使用予定が無い時は、清書の中で一々略語を書かなくてよい。
   入れるかどうかは、草稿の段階で判断すべし。

スポンサードリンク