今日の朝日新聞社説-要約-

朝日新聞社説の要約です。忙しいあなたなら3分で読める今日の社説。受験生のあなたには要約のススメ。

自民党総裁選

ブログネタ
福田首相の辞任、次期総裁レース…あなたの意見は? に参加中!
2008/9/3 朝日新聞       社説  自民党総裁選


 福田首相の突然の退陣表明を受け、自民党総裁選の日程が決まった。24日には新首相が誕生することになる。
 麻生太郎幹事長がいち早く出馬を表明した。対抗馬としてだれが名乗り上げるのかが焦点だ。自民党からすれば複数の候補者によるにぎやかな政策論争で雰囲気を変えて出直したいところであろう。
 総裁選では麻生氏ら候補者は国民が聞きたいと思う政策について率直かつ具体的に語り、勝者の主張をそのまま総選挙の党マニフェストの骨格にする。そのような緊張感のある論争にすることが必要だ。
 「豊かで活力のある社会」との抽象的な宣言でお茶を濁したり、派閥の数合わせで次期総裁が決定したりするようでは2週間も選挙期間をとる意味が全くない。総選挙をにらんで有権者受けのいい「選挙の顔」を望む声もあるが、不景気や社会保障の劣化に直面する有権者の不安を過小評価してはいけない。政策を語らずして信頼は得られないことを肝に銘ずるべきだ。

福田首相辞任

ブログネタ
福田首相の辞任、次期総裁レース…あなたの意見は? に参加中!
2008/9/2 朝日新聞      社説  福田首相辞任


 福田首相が唐突に辞任を表明した。自民党の首相が2代続けて自ら政権を放り出すことになり、極めて異常かつ無責任な行為である。首相はなぜ辞任に踏み切ったのか。
 首相は政権を引きついだ当初から、参院の多数派が逆転した「ねじれ国会」の運営を迫られた。これを打開しようとしかけた切り札は、小沢民主党代表と語らっての「大連立」構想だった。だがこれが民主党内での反発で立ち消え、首相はほかに打つ手を思いつかず、早期解散・総選挙に的を絞った小沢民主党と諸政策で徹底的に対決することとなった。
 この危機を首相は「衆議院の優越」を利用し、再可決することでしのいだ。しかし再可決には衆院を通過してから60日の日数がかかる。遅々として進まない政治への世論の苛立ちが現れてきてしまった。
 しかしちょうど1ヶ月前、首相は内閣改造でようやく自前の布陣を整え、秋の臨時国会に向けて意気込んでいたはずだ。それがここへきて唐突に首相に辞任を決断させた決定打は、与党である公明党からの思わぬ攻勢だった。世論の反発を買うとして、来夏の東京都議選をにらんで早期解散に目を向ける公明党が、衆院の再可決に待ったをかけた。さらに予算のばらまきにつながるとして渋る首相を押し切って、定額減税を受け入れさせた。公明党の協力がない限り、衆院の再可決の道は閉ざされる。選挙になれば創価学会の支援なしには自民党の勝利は全くおぼつかない。民主党、世論、そして公明党。これらが首相のやる気を失わせたのだろう。
 「ねじれ国会」という根本的な矛盾がある限り、世論の支持はあがらず、自民党の誰が首相になろうと政権運営はいき詰まる。自民党総裁選を経て選ばれる次期首相の使命は、できるだけ早く衆院を解散して国民の審判を受けることだ。社会保障の建て直しと財政の再建を両立させる方法を国民に示し、民意を体した正統性のある政権を1日も早く日本に取り戻さなければならない。

防災の日

ブログネタ
★★★毎日を楽しく過ごす&暮らす★★★ に参加中!
008/9/1 朝日新聞       社説 防災の日


 9月1日は関東大震災の日とあわせて「防災の日」と定められている。今年は豪雨災害が生々しい中で迎えることになった。
 日本列島は天災列島で、1950年代は死者や行方不明者だけで千人を超える年が少なくなかった。これが59年の伊勢湾台風による大きな被害を目の当たりにしたことで、防災体制が整い始め、ここ十年は犠牲者数が年に平均120人ほどで、横ばいが続く。
 犠牲者の数をさらに減らすにはどうすればいいか。そのかぎは、お年寄りをはじめとする災害弱者を救うことにある。昨今の災害の犠牲者の大半はお年寄りであり、警報や避難勧告などの情報がすべてのお年寄りに伝わっているとは言いがたい状況だからだ。
 手助けが必要な人の名簿作りなどを自治体が進めているが、政府や自治体の施策に頼っていては効果に限界がある。近所での声を掛け合える関係を、普段から心がけておくことも大事なことである。自分の安全を確保しつつ、災害弱者を助けていくべきだ。

北朝鮮の核

ブログネタ
外交問題 に参加中!
2008/8/27 朝日新聞        社説  北朝鮮の核


 北朝鮮が昨日「核施設を使えなくする「無能力化」の作業を一時中断する。加えて、再び施設を動かせる状態に戻す措置も考慮していく」との声明を発表した。
 6者協議で北朝鮮の核放棄への段階的措置が合意され、この第2段階措置として北朝鮮は核開発計画の申告書を提出した。しかし米国はその見返りのテロ支援国家指定解除を実行しない。合意に反するのは米国だ、と北朝鮮は主張する。
 だがこれは筋の通らぬ身勝手な言い訳だ。北朝鮮の義務は核計画に関する「完全かつ正確な申告」と施設の無能力化を昨年末までに終えることだったが申告は半年も遅れ、その申告自体、肝心の核兵器に関する情報が含まれず「完全かつ正確な申告」にほど遠いからだ。
 申告書の中身を確かめる検証の必要性で、北朝鮮を除く5カ国は一致している。危機を演出して相手の譲歩を迫る作戦は通用せず、北朝鮮は検証を受け入れるしかない。5カ国はそれをはっきりと伝えていくべきだ。

要約の書き方

ブログネタ
ひとりごとのブログ に参加中!
・テーマが何かを見極める。
 社説の場合は何らかの出来事が起こったことを受けて、
その出来事がテーマとなることが多い。

・テーマ(出来事)に対する筆者の見解(主として強い感情の表れを伴う)を
 理由があれば含めて書く。
もしくはテーマに対する定義を見つけて拾ってくる。
 社説以外の文章については、この定義を書くことの方が多い。
この場合は感情を抜きにして語ることが往々にしてある。


・筆者からの今後の要望や、
 今後の展開についての意見を理由があれば含めて書く。
 一般的にこの部分が筆者の最も主張したい部分である
という認識を持つべし。
 ただし補足や淡い願望として最後に少し書かれる場合もあるので、
それとの区別をつける必要がある(下の“補足2”で説明を加えた)。
 また上で述べたような、テーマについての定義が書かれている文章は
今後の展開等は書かれていないこともあるので注意すべし。
 なぜなら筆者の新たな視点の紹介の場であるから、定義が大事になってくるわけであるし、読者も話題となっている対象物への新たな見方、視点を獲得するために文章を読むからである。

 ・テーマを見極めて、それに触れている部分であり、かつ文章中で目新しい部分を拾ってつなげれば大雑把な  要約を作ることができる。
後は次数制限に合わせて、大雑把な要約の中から全体の論理展開に対して重要であるものをさらに絞り込み、必要に応じて並べ替えれば求める要約が完成する。
 筆者の一番言いたいことを導き出すのに必要なもの=わかりにくい言葉の具体的説明、意見を導くに至った論理的理由付け。
 ただし具体例は要約には入れないことが多い。
 上のわかりにくい言葉の具体的説明と具体例は別物であるので注意。

補足1
 要約するにあたって、文章を意味段落に分けるということを考えながら文章を読み進めていくとさらに効果的である。
 それぞれの意味段落の趣旨を拾ってこればそれで大雑把な要約が完成する。
あとはそれに手直しを入れて字数制限内に収めればよい。
上のやり方とこのやり方を併用させながら取り組むのがいいだろう。

補足2
 ある考えに対しての批判か、それともその後の「こうしたらいい」という提言の、どちらにより重きがおかれるかはその提言の内容が具体的かどうかで判断できる。
 提言が曖昧であれば、それはあくまで最後に付け加えられたありきたりの展開であるので、重要さに欠ける。
逆に提言の内容が具体的であれば、それは筆者のあたためていた意見である可能性が高いので、重要度が高い。




Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ